水彩画の勉強ができる通信講座比較

水彩画が短期間で上手くなる講座を比較、紹介しています。
水彩画をできるだけ早く上達させたい人に。

HOME

水彩画の勉強ができる通信講座を比較

当サイトでは

・初心者でも難しくない
・自宅で水彩画を勉強できる
・短期間で上達する

上記のような方に向く、水彩画の通信講座を紹介しています。

水彩画の上達に、絵の上手い下手は関係ありません。
練習の仕方さえ間違えなければ簡単に上達させることができます。

効率よく水彩画を練習したい。
そんな人はとりあえずチェックしてみましょう。

初心者に取り組みやすい水彩画の通信講座は?

初心者でも無理なく取り組め、確実に水彩画が上達する。
そんな水彩画の通信講座をまとめてみました。

講座により練習の仕方が大きく異なるため、自分にあった水彩画講座を選ぶようにしましょう。

水彩画通信講座【生涯学習のユーキャン】

水彩画を一から練習したい。
そんな初心者におすすめなのが、ユーキャンが提供する水彩画の通信講座です。

水彩画を学ぶための教材だけでなく、水彩画をやるのに必要な画材一式がセットになっているため、 申し込むだけですぐに水彩画の練習を始められます。

・標準学習期間は12ヵ月
・自宅でできる

・12回の添削指導付き
・メールや郵便で質問が可能

普段の学習では、大きくてわかりやすい絵のカラー見本を使いながらさまざまな水彩画のテクニックを学んでいきます。

自宅でやるタイプの講座は、講師の指導を直接受けることができないという点がデメリットですが、 本講座では12回の添削指導がついているため、一人だとなかなか続かないという人にもおすすめ。

資格取得で有名、かつ実績のあるユーキャンが提供しているという点も安心です。



なお、ユーキャンの楽天市場店からの申し込みだと、楽天ポイントが使える・たまるのでお得です。

もちろん、公式サイトで提供されている水彩画通信講座と内容やサポート体制は一切変わりませんので、 安心してお申し込み下さい。

短期間で上達する水彩画講座

何をやっても3日坊主で続かない。
そんな水彩画初心者には、水彩画のプロが教える「短期間で上達する水彩画講座」がおすすめです。

・学習期間の設定はなく、いつでも好きな時にできる
・自宅でできる

・映像を観ながらレッスンを行う
・他の教材にはない効率的な練習方法を採用

テキスト主体ではなく、DVDに収録した映像を使ってレッスンを進めていくタイプの講座で、 テキストを読みながら学習する講座特有の面倒くささがありません。

映像を観ながら、プロのわかりやすい解説や描く姿を参考にして、水彩画を描いていきます。

難しい水彩画の理屈を覚えることよりも、まず描けるようになることを目的とした練習方法でレッスンを進めていくため、 短期間でキレイな水彩画が描けるようになるのが特徴です。

短期間で描けるようになるから、飽きません。

練習が続かない人はもちろん、
楽に水彩画を上達させたいという初心者にもおすすめです。

水彩画はコツやテクニックが大切

水彩画はたくさんある絵のジャンルの中でも、特に難しいジャンルです。

絵を描きなれた人でも、
水彩画だけは思い通りに描くことができないという人、結構います。

単純に絵がうまいだけでは、水彩画は上手く描けないんです。



その理由は、道具の扱いが他と比べて難しいから。

特に水彩画でよく使われる透明水彩絵の具は、
描きなれていないとなかなか上手く扱えません。

水をたくさん使うので意図せず絵の具が広がったりにじんだりしやすいこと、 また透過性が高いため、油絵のように何度も書き直すことができません。

失敗してしまうと、それで終わりです。

上手な人でも上手く描けないのですから、
絵画の経験がない初心者にはもっと難しいといえるでしょう。



そんな初心者が水彩画を上達させるポイントは、コツやテクニックを覚えること。

絵をがむしゃらに描きまくるのではなく、色の混ぜ方、筆へ水を含ませる加減、 筆の使い方など、透明水彩特有の描き方のコツを覚えましょう。

水彩画教室などで、講師やベテランの絵の描き方をじっくり観察させてもらい、 それを参考にして描くと上達が早いです。

まずは、「水彩で上手く描く方法」を身に付けてください。

自宅で水彩画を練習するなら、講座の中身が重要

教室へ行かず、自宅で水彩画を練習したい。
最近、そんなニーズが増えています。

自宅で水彩画を練習したいという初心者の中には、 市販の水彩画教則本を買ってきて取り組まれる方もおりますが、 あまり良い方法ではありません。

教則本はある程度基本がわかっていて、なおかつある程度思い通りにかける人には悪くないツールですが、 初心者にはレベルが高すぎます。

練習できないことはないですが、上達までにものすごく時間がかかってしまう可能性が高いです。



自宅で水彩画を一から練習するというのなら、基礎から応用までを段階的に学ぶことができる、 講座タイプの教材を選びましょう。

当記事でもご紹介していますが、講座は初心者が基礎を身に付け、さらに水彩画を上達させることを目的としているため、 さまざまな知識を体系的に学ぶことができます。

なので、身につく知識に抜けがありません。

また順を追って練習していくため、初心者にも難しすぎることがなく、 挫折しづらいというメリットがあります。



市販の本に比べると価格は高いですが、身に付けられる知識やテクニックのボリュームを考えれば、 コストパフォーマンスは大して変わりません。

というかむしろ、水彩画の腕が確実に上達することがわかっている分、市販の教則本を使った練習よりもコスパは高いといえるかもしれません。

教えてくれる人がいない自宅で水彩画を練習しようというのなら、 きちんとした講座を選びましょう。





Copyright (C) 2014 水彩画の勉強ができる通信講座比較 All Rights Reserved.

TOP
PAGE